今回で百姫編はクリア。プレイ時間は大体10時間と予想通りに終わった。あともう1本ある鬼助編もクリアしてやっと完全クリアになるみたいでそうなると20時間と少しぐらいか。結構良いボリュームになりそうだな。ただこのあとすぐ鬼助編やるかは未定。ARKの夏イベントもやりたいしP4Gも既に買ってあるからやりたいしさてどうするか。

oboromuramasa_025.jpg

さてまず第七幕では地獄の次は天国を目指すらしくもはやなんでもあり。伊賀からスタートだが伊賀って忍びのイメージが強いけどそんなに忍び忍びしたステージではなく普通だったかな。また鬼助と温泉で会ったが子供っぽい奴だけど意外と空気は読めるな。風情を感じることも出来る奴とは中々やりおる。神路山神宮林では襖絵の中に入ったかのような風光明媚な景観が美しい。眼前に城下町とかもあって色々と想像を掻き立てられる。一体どんな日常が繰り広げられているのだろう。2D世界になるとはいえ実際に行ってみたくなる。後半少し薄暗くなるのがまた不穏さが出て悪くない情感。

oboromuramasa_022.jpg

そういや料理で焼き芋作ったけど実際にパカッと割って湯気がホクホクと昇り立つ絵を想像したけどそこまではやってくれなかった。でも旨そう。

oboromuramasa_023.jpg

ボスは風神と雷神。風神は見た目相応の子供っぽい声だけど厳つくでかい雷神は声が女性でいいのかw 実際戦うのは雷神だけだったけどとにかく無我夢中で攻撃してたら倒せた。特に何も考えずとも倒せたのだから比較的最近のボスでは弱いほうかな。もちろんある程度攻撃は避けていったけど。雷神が尻もち付いてぺたってなるところは見た目に反して結構可愛かったなw

oboromuramasa_024.jpg

確かに雷攻撃の相手に鉄の剣で立ち向かうとかアホとしか思えんわなw ただ風神は雲上からの落下を救ったりアドバイスしたりと結構良い奴。このふたりって夫婦なのかと思ったがまだ恋人同士なのか、いやそうゆう次元じゃないか。血気盛んな風神を雷神が宥めてるって感じで微笑ましい。

そしていよいよ終幕となる大詰め。天へ至る道が潰えたがまだたどり着ける道はあった。つまりこれまで邪魔してきたあの生臭坊主の総本山で決戦をすることになりそうだ。しかし紺菊の助け舟がなかったらここで物語は終わってたんだろうかw 毎度の温泉だが陣九郎は百姫の身体でこっそりお酒を飲んでたらしく薄い本のネタが色々と思い浮かぶw 大和は背景の薄っすらとした山々の連なりが美しい。まるで実写かのような朝霧漂う幻想感。夕闇色に染まり寂寥感いっぱいのススキ野原もまた風流。とにかく全部が絵になる。走って風景をすっ飛ばして行ってしまうのが惜しいぐらい。EXTRAで風景鑑賞モードとかあったらいいのになぁ。

oboromuramasa_026.jpg

金剛山は本山らしく禍々しいBGMが印象的で雰囲気がおどろおどろしい。ただ景色は相変わらず美麗。屋内に外から差し込む光と襖絵と畳が調和していて美しい。屋内は結構入り組んでいるけどやはり基本は一本道だから迷うことはないしドロップアイテムを取り逃がすこともない親切設計。

oboromuramasa_027.jpg

最奥では速水奨さんCVの雪之丞がお出迎え。結局探していた黒光の刀は雪之丞が持ってて陣九郎はこいつを斬って奪い柳生の倅にまた魂写しをやるってことか。雪之丞は取引を持ちかけてきたが案の定決裂。ここにもあの生臭坊主がいてむしろこっちと戦いたいぞ。ただ刀はせいたか童子とこんがら童子とかいうまたコンビに奪われてしまい戦いとなる。そんなわけである意味のラスボス戦だが最初何をどうすればいいかさっぱりでとりあえず2体の童子を適当に攻撃してたら画面下にテロップで本体の不動明王のどこそこを破壊しろとの指示。とはいえその部位がどこにあるのか分からず暫く右往左往。結局ダメージが蓄積しゲームオーバー。再トライで今度はよく周りを観察してたらなるほど分かりづらいけど確かに攻撃が当たって破壊出来る部位があった。そうゆうわけで童子を攻撃、指示される不動明王の部位を破壊していく流れでどうにかなった。回復はさっきの金剛山で結構拾えた霊方反魂丹頼みで何回も使うほど不動明王の攻撃が激しくてしんどかったがどうにか。というか結構あっさりというか呆気なかったのは完全クリアに至るまでの大ボスを残しているからか。ま、ラストといえど中ボス的ポジションなんだろうな。

oboromuramasa_028.jpg

やはりどうやら不動明王は本気じゃなかった、むしろただの仏像を破壊したにすぎない。ボス戦後、百姫の魂が戻った百姫の体制がエロい。乱戒の奴、あまりの不動明王の恐ろしさを見て悔い改めたみたいで気づくのが遅いわ。どうやら戦ってたあのあと不動明王が本気を見せて粉砕しようとしたとき陣九郎が百姫を想って不動明王をけしかけて百姫だけは地上へ戻させたらしい。不動明王がちょろいというべきか。

oboromuramasa_029.jpg

あれから百姫は無事雪之丞と結婚してめでたしめでたし…ではなく。なんと出家を決めたらしい。ま、あれだけの事があったら普通に暮らすってことにはならんだろうな。この流れも真エンドへの布石ってことなんだろうか。あの乱戒の奴は改心して心機一転新たな旅に出るようでまるできれいなジャイアン状態。序盤にこやつと会ったときはてっきりいずれぶちのめすのだろうなとばかり思ってたが。

とりあえずこれで百姫編はお終い。次は冒頭で書いたように鬼助編をクリアしてそれではじめて完全クリアとなるみたいでまた10時間ぐらいがんばろう。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks