結局そのまま百姫編に続けて間を開けずに鬼助編をプレイしてもうこのまま最後まで完全クリアを目指すことにした。

oboromuramasa_030.jpg

どうやら鬼助は追っ手に追われているようだ。というわけでサクっと第一幕クリア。ある意味二周目プレイしているようなものだから楽々、っと言っても一幕ボスの巨大手裏剣には手を焼いたけど。

やはり百姫編と対になるキャラ配置のようで紺菊ポジションは弓弦葉。見た目はこちらのほうが好みかな。狐に鍛冶屋とかけてコンコン、鬼助おまえ面白いやっちゃなw 鬼助の操作は特に百姫と比べて癖があるというわけでもなく違和感もないし普通かな。CVはよっちんこと吉野裕行さんで安心感&安定感。今作が発売された頃って丁度こうゆう少年系が多かった時期じゃなかったかな。今やゾンビランドサガの警官やSHIROBAKOの太郎とか名脇役ってポジションになってきた。

oboromuramasa_031.jpg

鬼助は記憶喪失というお決まりの状態。一路、伊賀の髑髏谷へ赴くことに。もちろんこちらでも温泉はあるけど男のふんどし姿は…いや今度は女性層に待ち望まれていたものか。そういや国から国へのマップ移動時って無音なんだよね。尺的にBGMは難しいだろうからなにかしらジングルとかがあってもよかったかな。あと百姫編でも面倒だった城へ鬼助編では序盤で行くが上下にやたら距離がある吹き抜けでの戦いが面倒この上なかった。

oboromuramasa_032.jpg

ここでもまた速水奨さんCVの雪之丞登場。鬼助はこいつに仕えていたのか。さらに乱戒に似たというかまんま使い回しの怪僧まで出てきたがこっちでは悪僧ってわけでもないか。二幕のボスは大ムカデ…。あの、ほんとマジでやめて…。なんかゲームにムカデが出てくる割合多くない?まぁGとか蜘蛛も定番だけどあいつらはまぁ平気、でもムカデだけはきつい。しかも色々と部位が事細かくリアルに作られててこれグラフィック作る人、もし耐性なかったら地獄だっただろうなぁ。おまけに戦闘もだるい。頭を攻撃して動きを止めてそのすきに攻撃していけばいいみたいだが奴の姿を見たくないっていうのもあって無駄に長引いた。

oboromuramasa_033.jpg

雪之丞は鬼助の強さを目の当たりにして処罰を止めて利用しようとするみたいで雪之丞の案を突っぱねず請ける鬼助。直情径行なタイプかと思ったら意外と冷静で頭のいい奴みたいで好きになってきた。馬鹿じゃない主人公は歓迎。

このゲームの一番のマイナス点は移動。百姫編でも書いたけどボス戦したあとまたもと来た道を戻って行くってのがリアルといえばそうなんだけどやっぱり面倒くさい。合間の戦闘もダルさを増してる要因でスルー出来る戦闘はあるけど全部が全部じゃない。戦闘が発生しても閉じ込められない仕様だったほうが自由度が出て良かったように思う。あと抜刀時の硬直。得物を確認する時間がいるだろうから仕方ないとはいえテンポが一時停止してしまうのが残念。何か他にいい方法なかったのかな。

三幕にて温泉で対に百姫と裸の付き合い(意味深)。といっても百姫からのリアクションは何も無いのはなんか寂しいけど。キャーとか言わないのかね。竹林が鬱蒼とした息吹山で地面から突き出る竹とか嫌らしいギミックもあって厄介。そうして百姫ならぬ虎姫が登場。声はすぐ分かったけどCV川澄綾子さんだな。やっぱりこうゆう凛としたキャラに川澄さんの声は似合う。虎姫も凛とした美しさがあって良い。格好いい。

oboromuramasa_034.jpg

早速この姫さんと戦うわけだが矢が鬱陶しいぐらいでそこまで苦戦はせず。ただ左右うろちょろと動かれるから攻撃しずらくて無駄に長引いた。

鬼助と虎姫は姫が心を許すような仲だったのか。なんて羨ましい。虎姫は正義感の強いお人ってことなのかな。そうして四幕。これまでやたら群れて登場してきた爺さんの化け物みたいな敵がいるけど今回この系統の白い爺さんが出てきてやたら強い。美濃辺りに入ると複数でつるんで出てくる天狗が倒しづらくて鬱陶しい。休憩所での熊五郎と八百八のコンコン話は百姫編でもあったけど面白いから好き。

ボスがまさかの百姫編で一度だけ出会った小夜だとは。如何わしいのはおまえの格好じゃないのかw 小夜はどうやら世を正している正義感なキャラなのか。こうゆう見た目ロリっ子と戦うことになってテンション上がるけど戦法はトリッキーで倒すのに手間取った。というかカラスに吊られているときパンツ見えてない?と気が散って仕方なかったよw そういや十三機兵でも冬坂がパンチラしていてもしかしてヴァニラウェアの伝統芸ってことでよろしいかなw

oboromuramasa_035.jpg

覚えておれ!ってテンプレ捨て台詞言って去ったけどまた戦うことになるんだろうか。というかCV今さら気付いたけどゆかちこと井口裕香ちゃんじゃないか。オリジナルの発売日だと丁度飛ぶ鳥を落とすぐらいの勢いだった頃かな。それにしても鬼助編では続けて女子供相手に戦うことになるとは鬼助め、モテモテやなぁw

どうやら鬼助は記憶を取り戻してきたみたいで記憶を失い未知の力を手に入れた理由が明らかに。やはりこちらでも想い人を庇ってたんだな。虎姫とは片恋になるかそれとも無事成就なるか。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks