ゼンハイザーHD598を買ったのがもうかれこれ5年前(Q701に次いでHD598を買いました)。今年になって遂にイヤーパッドの裏側の黒くなってる部分がボロボロと破れてしまいました。そこ以外はまだまだ現状維持。当初はむしろヘッドクッション部分がボロボロになることを危惧していたものだけどね。機構部分もガタがくることもなく頑丈。ケーブルも断線せず。やはり一番長く肌に触れる部分が真っ先にボロボロになるみたいだ。

hd598_old_01.jpg

5年のブランクがあるから購入当初とちょっと写りが違うとは思うけど気になさらず。色合いは写りの違いがあるから一概に言えないけど多分黄ばんだりしてはいないとは思う。そもそも元々いわゆるプリン色に染まってるから黄ばんでも気にならないw

ボロボロになった部分はここ。ご丁寧に左右両方同じようにボロくなった。この状態でも聴けるけど捲れた部分が耳に当たって非常に不快でストレス溜まってしまう。

hd598_repair_02.jpg hd598_repair_03.jpg

新たに交換用イヤーパッドとして購入したのが「Geekria イヤーパッド」。カラバリでブラックもあったが元のHD598のイヤーパッドの色と同じと思われる「Dense Velvet Brown」にしてみた。他の選択肢としてBlueFireってメーカーのイヤーパッドもあってこっちのほうが数百円安いけどカラバリはブラックしかなくてプリン色には合わなさそうなのでやめた。

hd598_repair_04.jpg

ちっこい白い箱の中にビニール袋に包まれたイヤーパッド一組二つと返品時の注意書きの紙となんかの黄色い棒とガード用と思わしき薄いスポンジ。早速イヤーパッドを袋から取り出したけど…第一印象は雑。跡がくっきりついていていかにも安っぽい。製造国は特に書いていないみたいなのだけどやっぱり中国製かな。ボロボロになってるオリジナルのイヤーパッドのほうが遥かに綺麗な状態なのってどうなのよ。ま、跡は使ってるうちに消えていくのだろうけど。色合いはオリジナルがそもそも経年劣化で僅かに変化してる可能性があるけどややくすんだブラウン色ってところか。

一見するとサイズ感がオリジナルと違うような気がしてもしや互換性のないイヤーパッドだったかと焦ったけど裏側の止めるリング部分はオリジナルも交換品も同じサイズで安堵。目の錯覚でそう感じたのかもしれないな。

hd598_repair_05.jpg

←オリジナル|交換品→

真っ先に傷んだ懸案の裏側はオリジナルと違い柔らかい作りになっていてこれなら破れたりしないかもしれない。とはいえ元が元なので期待薄だけど。

hd598_repair_06.jpg

←オリジナル|交換品→

横に並べてみたけど経年劣化したオリジナルのイヤーパッドのほうがまだ厚みがあるように見えるけど実際比べると同じぐらいか。

hd598_repair_07.jpg

←オリジナル|交換品→

イヤーパッドの匂いはゴム製品っぽいちょっとツンってなるような匂いがする。

そういえば付属の黒いスポンジは自分は梱包時にイヤーパッドが擦れないためのガード用と思ってたけどググってたらこれも使ってるレビュー記事を見かけた。いやイヤーパッドと一緒にスポンジ嵌めたら音が明らかに変わるだろうし交換品以上のことをしてしまうのでは?さすがにそんな用途なわけはないだろう。

それはともかくとして早速交換品をHD598に嵌めていく。これどっちがどっち向きとかはないのかな。リング見る限りほぼ同じ歪なしの楕円形に見えるからどっち向きにつけても大丈夫なのだとは思うけど。嵌めるとき本体もイヤーパッドも壊してしまいそうで怖いけど意を決してパチパチッて指で押し込めばすぐに嵌ってくれて実際やると簡単。というわけで見た目は新品同然の状態に生まれ変わりました。ただやはりイヤーパッド部分は少し撚れていたり跡もついていたりとお世辞にも綺麗とは言えない。ま、それが嫌なら高いお金出して本家の交換品を買えよってことなんだろう。

hd598_repair_08.jpg

さて、肝心の音はどうか。ただ、最近はK712PRO(HD598に続き AKG K712PRO を買ってしまいました)やイヤホンのZH-BX500-DC(ZERO AUDIO ZH-BX500 を購入レビュー)をメインに使っているからHD598の音がどんなだったか忘れてるw いや一応交換前に変化をチェックするために聴いてはみたのだけどボロボロのイヤーパッドだからそもそもが音が変化してる可能性もあってあまり参考にはならなさそう。でもぱっと聴き、音が固くなってちょっと籠もった感じになった気はする。僅かに音像も遠目になったかも。その代わり音場の広がりは少し増したようにも。慣れたら多分気にならない変化かな。

それにしてもHD598ってこんなに低音がブーミー気味に響くんだったっけ。結構低音がまとわりついて聞きづらさがあるほど。良く言えばまろやか柔らかでHD598でよく形容されるまったりという味付けではあるのだが。ま、K712PROやZH-BX500-DCといった低音の量感が少なめのフラット系のヘッドホンやイヤホンばかり使った弊害だろうな。折角修繕したけどいつの間にか音の好みが変わったようで今後あまり出番はないかもしれないw

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks