なるほど制作スケジュールに余裕がある?からこそ出来た嘘予告だな~。いわばあれはPVだったというわけか。七花の最大のライバルキャラかと思われた錆白兵がまさか一言も台詞無しに退場とは。ときめくでござる・・・そんな間もなかったなw。てゆうかそもそ錆の存在自体がこれの為のかませだったとか?本編は七実ワールド。いちいちやる事がえげつなくおっとり少女という属性が逆の意味だとこうも恐ろしくなるとは。1話の時とはまるで雰囲気違ってて中原さんの演技も質が少し違う感じだったな。七実の本性を際立たせる為にこの回までわざと隠してたんだろうか。嫌らしいスタッフだw。というわけで改めて変化球の西尾維新原作アニメだったんだなと痛感させられた回だった。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加