iiyama 23.6インチワイド液晶ディスプレイ PLB2409HDS-B1を買ったよ。

以前まで同じiiyamaのE2002WS使ってたんだけどもう2年ぐらい使ってて買い替えの頃合いだしフルHDに対応したいしもっと画面を広々使いたいという欲が出てきたので今回買い換えたというわけだ。

より安価な21.5インチのE2210HDS-Bと迷ったんだけどね。画面幅521mmの誘惑には勝てなかった。BenQも候補だったんだけどどうも脱力するようなネーミングがねw。

そんなわけで佐川から到着。早速箱から出して設置するが重い!なんだこのズシリとした重さはw。E2002WSの倍ぐらいあって往年のトリニトロン管を思い出すぐらいの重さだ。ピポット対応って事でアームがその分ドッシリとしてるのかね。

f:id:ukaz:20101015175823j:image

f:id:ukaz:20101015175926j:image

保護シートを取って緊張の御開帳。ディスプレイを凝視・・・。左側にほんの僅かうっすら白く拭きとった跡があってビビる。まぁこの程度は拭いた時にも付くし電源入れたら気にならんだろう・・・。

f:id:ukaz:20101015180106j:image

PCとの接続はDVI-DにしてHDMIは今後の為に残しておく。デュアルディスプレイにするかもしれないしもしかして〇〇○を買うかもしれないw。

高さ調整はディスプレイ側をほんの少し力入れるだけでスムーズに動く。ただもう少し硬くてもよかったか。本体を移動したりする時にディスプレイ側持つと一緒に高さが変わってしまい少し面倒。かといって台座やアーム側に持つところがあまりないんだよね。左右・角度調整はやや固いが台座が一緒に動く時も。

ディスプレイを縦長に出来るピポット機能を搭載してて時計回りにスっと回って動いてくれる。ロックする機構とかはなくそのまま。ただ余り使い道はないかな。デュアルディスプレイにした時に縦長画面として力発揮すると思う。

さて接続完了して電源スイッチオン。ボタン類は右側に纏めてあるんだが少し強めに押すと向きがズレてしまいそうなのが難点か。まずは緊張のドット抜けチェック。もし真ん中付近にあったらと思うと怖い怖いw。チェックはFlashを使ったこのサイトを利用。フルスクリーンで背景色は黒と白で確認。して結果は・・・見事ドット抜け無し!・・・多分w。まぁ精神的に気にしない方がいいんだろう。取り敢えず目に見えた抜けはなくて良かった。

画質は今までも同じiiyamaだった事もあって違和感もなく問題無し。エコモードがあるけど色温度やACRといった他の機能と排他なのが残念。取り敢えず消費電力減らすのが第一なのでエコモードを(-15W)にセット。最初暗い印象だけどすぐ慣れた。色温度はノーマルで映像設定は標準で使用。

OSDは使い辛い事はないけどデザインがちょっと愛嬌ないなぁ。特に起動時の表示はE2002WSの方が見た目良かった。

ゲームはまだテストしてないけど動画は問題無し。やはり上下に黒帯が出ずディスプレイ一杯に映るのは気持ちが良い。あとブラウザと動画プレイヤー二つ並べても邪魔にならない広々感は嬉しいし便利だ。

取り敢えず初感デビューはこんなところかな。後は耐久力の問題か。E2002WSは2年経ってもまだまだ大丈夫なぐらいだったけどこのB2409は果たしてどうだろうか。頼むから一ヶ月そこらで電源が入らなくなったとかはヤメてくれよw。


関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加